登山用GPSアプリ ジオグラフィカ

 

 ここではスマホで使えるGPSアプリの1つである、ジオグラフィカに関して紹介する。ほかにも

「ヤマコレURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yamareco.memo」や「ヤマップ

 URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yamap&hl=ja」などもありますが、それぞれ

 のホームページを見てください。

ジオグラフィカで何ができるか

  • インストールは無料です。トラックログなどの記録を行うと、有料になりますが地図を表示して現在位置を知る分には無料で使えます。インストールはホームページ(https://geographica.biz/)からダウンロードしてください。

  • 画面に表示した地図は、自動で一時保管します → 圏外や機内モードでも使えます。

  • 山奥でもGPS衛星の電波が入れば、携帯圏外でもGPSは使えます。

  • どこを歩いたかが記録できます(トラックログ、有料)

  • 目的地を目指すなど、ナビゲーション機能があります。

メイン画面(地図画面)の使い方

  • メニューボタン:メイン画面の左上のメイン画面を押すとメニューが開きます。

  • 画面クリア:右上の画面クリアボタンを押すと、ボタンや座標表示を消します

  • ​GPS開始:GPSを開始して、ボタンは緑に変わります。現在位置は赤い位置カー

 ソルが表示されます。

  • 現在位置追尾:現在位置を中央に固定させます。マークは緑に変わります。

  • マーカ追加(地点登録):センターにマーカを登録します。山頂など記録する

 のに便利です。

  • トラックログ(軌跡の記録):トラックログ(GPSログ)の記録を開始します。

 記録中はマーカは緑になります。緑の時に押すと、コントロールパネルが表示され

 左下の停止ボタン  を押すと記録を停止できます。

  • ルート案内:「マーカー」をつなげたものが「ルート」です。各マーカ-に到着

 自動で次のマーカーを目指し、距離や高度差など案内してくれます。

山行前の準備

 歩く予定の地図を、見ながら確認しておきます。地図を見ながら確認すれば、自動

で保存されます。行動する範囲を、詳細地図と広域地図を表示して確認してください。

詳細と広域で地図を見ておき、入山前に機内モードにして確認してください。

下山後トラックログをパソコンで見る

 登山中に作成したトラックログを、下山後にパソコンで見ることができます。

 「メニューボタン」→「ファイル」→「トラック」と選択すると、保存されて

 いる「トラック名」が出てきます。この一つにチェックを入れて、GPXエクス

 ポートでパソコンに送ると、「カシミール3D」で表示できます。表示した例

 を、左の図に示します。

(参考文献)http://geographica.biz/tmp/geographica_basic.pdf

(参考文献)https://www.kashmir3d.com/

    copyright HC のんびり all rights reserved.